HOME >>  -Beautyコラム > 糖質制限不要のスーパーフード「もち麦」の魅力

糖質制限不要のスーパーフード「もち麦」の魅力

main




ダイエットに効く!と聞くと、スポーツや食材などいろいろとチャレンジしたくなるもの。そんな中、今、最強な食べ物として話題なのが、「もち麦」です。

食物繊維量は白米の25倍!

大麦の仲間であるもち麦は大麦のなかでも、だんとつに食物繊維量が高く、白米の25倍も含まれています。さらに、白米に比べて、カルシウム、鉄分が豊富で、カリウム、ビタミンB1、たんぱく質などの栄養素も含んでるのも特徴。アスコムから発売されている
「お腹いっぱい食べても、しっかりやせる! 糖質制限、必要なし もち麦ダイエットレシピ」によると「糖質オフダイエットをしている人も少なくないと思いますが、糖質は脳を動かし、体の機能を活性化させる役割をもった必要不可欠な栄養素なので、まったく摂らないのはNG!糖質は適量を食べることが大切で、さらに糖質とともに血糖値の上昇を抑える食物繊維も摂るようにすると、腸内改善が整ってダイエット効果が高まります」とのこと。
もち麦に含まれるこの高い食物繊維量が、ダイエットの鍵になるんです。

さらに、もち麦は、体に不要なものを包み込んで排出したり、糖質や脂質の消化吸収を遅らせる働きのある水溶性食物繊維繊維の一種「βーグルカン」の含有量が多かったり、血糖値の上昇を抑制したり、血中コレステロールが低下したり、脂肪の吸収も抑えたりと、いいことずくめ!これが生活習慣病の改善にも繋がるんです。

 

もち麦を使った料理に挑戦しよう!

フィットネスはどれも激しいものではなく、運動が苦手な方も安心してチャレンジできるものばかり。振動マシンを使った30分間の運動プログラムやヨガやピラティスなどストレッチ効果の高い身体を調整するスタジオプログラムで構成されています。

「おからコロッケ」

main
材料(4人分、4個)

ゆでもち麦ーーーーーーーーー90g
(ゆでもち麦 約320g分の作り方: もち麦 100g、水400ml。もち麦と水を混ぜ、弱火にかけて沸騰したら、中火にして約20分加熱。火を消して、ふたをした状態で水分がなくなるまで約10分〜25分おく。この中から「おからコロッケ」で使用するのは90g分)
じゃがいもーーーーーーーーー30g
玉ねぎーーーーーーーーーー 20g
鶏ひき肉(できれば胸肉)ーー 40g
おからーーーーーーーーーー80g
A (砂糖あれば三温糖小さじ1  薄口しょうゆ小さじ1/2  塩小さじ1/4
黒こしょう 適量)
衣(小麦粉、卵、生パン粉各適量)
ブロッコリーーーーーーーー適量
ミニトマトーーーーーーーー適量
揚げ油ーーーーーーーーー適量

作り方
1 じゃがいもは皮付きのままゆで、竹串がすっと通るようになったら取り出す。熱いうちに皮をむいて、つぶす。
2 玉ねぎはみじん切りにし、樹脂加工のフライパンで鶏ひき肉と炒める。
3 ボウルに1、2、ゆでもち麦90g、おから、Aを入れ、混ぜ合わせ、4等分にしれ成形する。
4 3に小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をまぶし、140℃に熱した油で約4分間揚げる。
5  皿に盛り、ゆでたブロッコリーとカットしたトマトを添える。

「浅利と人参のスンドゥブ」

main
材料2人分
ゆでもち麦ーーーーーーーーーーーー60g
(ゆでもち麦 約320g分の作り方: もち麦 100g、水400ml。もち麦と水を混ぜ、弱火(強火)にかけて沸騰したら中火にして約20分加熱。火を消して、ふたをした状態で水分がなくなるまで約10分〜25分おく。この中から「浅利と人参のスンドゥブ」で使用するのは60g分)
あさり(殻付き、砂ぬきしたもの)ーー-120g
にんじんーーーーーーーーーーーーー60g
にらーーーーーーーーーーーーー 約100g
春菊ーーーーーーーーーーーーーー 10g
木綿豆腐ーーーーーーーーーーーー 1丁
いりこだし(粉末)ーーーーーーー 大さじ1
水ーーーーーーーーーーーーーー 700ml
A コチュジャン大さじ2 信州みそ、酒、濃口しょうゆ各大さじ1
砂糖されば三温糖小さじ1 )
赤唐辛子ーーーーーーーーーーーー 1本
すりごまーーーーーーーーーーーーー適量
あれば、糸唐辛子ーーーーーーーー 適量

作り方
1 あさりは殻をすり合わせて、きれいに洗っておく。
2 にんじんは半月切り、にらと春菊はざく切りにする。豆腐は大きめのやっこに切る。
3 鍋に水、いりこだしを入れて中弱火にかけ、1、2のにんじんを加えて、火を通す。あさりは一度取り出す。
4 3にAを溶き合わせ、豆腐、にら、もち麦60g、種ごとの赤唐辛子を入れ、中火で約10分間煮込む。
5 あさりを戻し、春菊、すりごまを加え、あれば、糸唐辛子をのせる。


その他にもサラダにまぜたり、スムージーに入れたり、スイーツに入れてもおいしい万能なもち麦。お腹いっぱいになって栄養も摂れるので、ぜひ、あなたの食生活にも加えてみてください。


■お腹いっぱい食べても、しっかりやせる! 糖質制限、必要なし もち麦ダイエットレシピ
URL http://www.ascom-inc.jp/books/detail/978-4-7762-0889-1.html



 

Posted by 松崎 桃子様

東京都出身。フリーライター。
パリ第8大学芸術学部造形美術修士課程終了。
パリでは美術の他に映画、ワールドミュージック、ダンスに演劇など様々なカルチャーを吸収し、帰国後、フリーのライターとなる。
現在は、FMラジオ番組の構成やWEBサイトでの執筆、さらには、海外とのコーディネート業務も行う。