HOME >>  Beautyコラム > その年だけのオーガニックコットンを使用。旬を楽しむコットンヌーボー

main

毎年、秋になるとボジョレーヌーボーが話題になりますが、最近では、オリーブオイルヌーボー、どら焼きヌーボーなどいろんな「初物」を楽しむようにもなりました。

タオルにもヌーボーがある!

そんなヌーボーの中でも、デイリーに取入れることが出来てライフスタイルをワンランクアップするのが、IKEUCHI ORGANICの「COTTON NOUVEAU/コットンヌーボー」です。


cotton_image1

新しいオーガニックの提案

コットンは、工業製品ではなく植物なので、気候や畑の条件によって、毎年、その品質は均一ではありません。それにもかかわらず、通常、績工場では風合いを一定に保つために複数年度のオーガニックコットンを混ぜて糸をつくります。しかし、IKEUCHI ORGANICの「コットンヌーボー」は、今までデメリットと考えられてきた繊細すぎる品質を個性と捉え、その違いを楽しもうという新しいオーガニックの愉しみ方を提案。収穫年度によって糸を分けてタオルを作っているんです。

cotton_image2

毎年、違う風合いを楽しめる

商品は、バスタオル、フェイスタオル、ウォッシュタオルなどがラインナップ。吸水性が高くて、しっかりした肌触りですし、「2015」とタグがついているので、いつの「コットンヌーボー」か一目でわかるので、毎年揃えて、その年の風合いの違いを楽しむのもおすすめ。タオルといった日常品は取り替えタイミングが分からなくなりがちですがこれなら毎年決まって、新しいものを購入するサインにもなります。


グッドデザイン賞を受賞

先日、コンセプトはもちろん、製品のデザイン、織機に調整を施して製造を行っている姿勢や、産地のタンザニアの農家の経済的自立支援や環境向上に貢献していることなどが評価され、「コットンヌーボー」が、2015年度グッドデザイン賞を受賞しました。
厳しい基準をクリアしたオーガニックコットン100%を使用し、わたしたちに安心で上質な毎日を提案するIKEUCHI ORGANICの「コットンヌーボー」。2度と同じものがないその年だけの楽しみ。旬を逃すわけにはいきません。




◆メーカー名 IKEUCHI ORGANIC


販売URL
http://www.ikeuchi.org



Posted by 松崎 桃子様 

東京都出身。フリーライター。
パリ第8大学芸術学部造形美術修士課程終了。
パリでは美術の他に映画、ワールドミュージック、ダンスに演劇など様々なカルチャーを吸収し、帰国後、フリーのライターとなる。
現在は、FMラジオ番組の構成やWEBサイトでの執筆、さらには、海外とのコーディネート業務も行う。