HOME >>  Beautyコラム > 冬に身体を温める、ホッコリアジアンスープ

冬に身体を温める、ホッコリアジアンスープ

暦では立春を過ぎているのに、まだまだ肌で感じる季節は冬真っ盛り。首から熱が逃げないように、マフラーが手放せない今日この頃です。そして、お腹がすいたら「寒いな」と感じたりしませんか?それは健康なサイン身体が不足したエネルギーを欲している証拠なのです。人の身体はよくできているものだなと感心することしきりです。

さて。そんな寒い冬に、食べたくなるのが身体を温めてくれるスープ料理。冬は特に根菜のおいしい季節であり、また身体を温めてくれる食材でもあります。そのため、私はいつもたっぷりと根菜を入れてスープを作ります。そして外せないのは、やはりスパイス。ジンジャラーでお馴染みのジンジャーやニンニクはもちろんですが、身体が内側からポカポカとなるように、胃を温めたり、新陳代謝を活発にしたりするスパイスを使います

スパイスで健康を守る、インドネシアンママの料理


この料理の故郷はインドネシア。バリ島は雨季と乾季しかない、亜熱帯の常夏の島なので、寒さには縁がありませんが、彼らの料理にはスープも多く登場します。暑いからこそ、温かい料理を食べて、スタミナをつける…ということなんですね。

そんなインドネシアの料理に欠かせないのがスパイス。お母さんたちは、家族の健康を守るために、スパイスの種類や量を調整して料理を作ります。それはとても自然なこと。特に意識しているわけではありませんが、1つの料理に5,6種類のスパイスが絶妙な組み合わせで使われているのです。そして、どれもがとても優しい、奥深い味がします。
スパイス料理は決して辛いものだけではないと改めて感心するのです。

今回は、そんな家庭のレシピの中から、鶏の煮込み料理をご紹介。作り方はいたって簡単。スパイスをすりおろし、材料を入れて煮込むだけです。ターメリックが入っているので、一見はカレーのように見えますが、その優しく奥深い味わいに驚くことでしょう。
そしてその一杯が、知らない間に身体を元気にしてくれます。
(今回使うスパイスが、何によいのか?は、バックナンバーをご参考ください)

体に良いスパイス・クッキング
 Balinese Chicken(インドネシア)

バリニーズチキン
(鶏の煮込み
バリニーズスタイル)
の作り方

<材料>2人分
鶏骨付きもも肉…………………………2本
人参………………………………………1/2本
じゃがいも………………………………2個
たまねぎ…………………………………中半分
にんにく…………………………………3かけ
ターメリック……………………………10g
しょうが…………………………………3cm
キャンドルナッツ(またはカシューナッツ)3~4粒
コリアンダーシード……………………適宜
クローブ…………………………………3~4粒
油…………………………………………大さじ1
塩・ブラックペッパー…………………各適量
チキンスープストック…………………600cc
(トリガラスープまたは水とブイヨンキューブ1個)

image

1.スパイスをすり鉢でゴリゴリとすりおろします。
 (上の材料のニンニク~クローブまで)
 (スパイスは輸入食材店やインターナショナルマーケットで手に入ります。
 上野アメ横の「アメ横センタービルB1F「野澤屋」なら確実。ネットもありますよ)


image

2.骨付き鶏もも肉に塩コショウをし、
 フライパンを熱して、両面に焼き色を付けます。
 (旨みを閉じ込めるためです)


3.鍋に油を熱し、1のスパイスを炒め、香りがでてきたら、玉ねぎを炒めます。
 玉ねぎが透き通るまで炒めたら、ニンジンやジャガイモ、2の鶏肉、スープストックを加えて1時間ほど煮込みます。
 (水が少なくなったら継ぎ足しながら、チキンが柔らかくなるまで)
 ※火はひと煮立ちし、浮いてきた灰汁を取り除いて弱火に。
 ※鶏肉が柔らかい方がよい場合は、水を足しながら、2時間ほど煮込みます。
 ※ベイリーフ(月桂樹の葉)を入れるとより香りがよくなります。

image


image

塩とブラックペッパーで味を調整して出来上がり!!
お皿に盛りつけていただきます。


ご飯にも、パンにも合うスープ料理です。読み物などをしながら、ゆったりした気分でコトコト煮込んで料理をする時間を持つと、「ちょっとしたゆとり」のひとときも
スパイスの香りが運ぶ、束の間の南国気分とともに、ホッコリタイムを過ごしてみてはいかがですか?

Posted by Aya Sakaguchi (Food Writer & styling/Asian therapist) 

Aya Sakaguchi

紙からWebまで幅広く、食をメインに取材・執筆、料理制作ならびにコーディネート等を行なう。一方ではアジアのスパイス使いに魅せられ、そのスタイルを日常生活に取り入れた「Asian Therapy」を構築中。「心をNudeに、身体をNaturalに」をモットーに、Spiceを駆使した料理やボディトリートメントで心身の健康を追求するアジアンスタイルを展開。「バリ島ウブドキャンドルナイト」等イベントではバリニーズマッサージで参画。不定期でスパイスを使ったワークショップも開催している。【Santai Treat】主宰。

※Indonesian Massage: Indonesian / Balinese / Cream Bath
※アイディアヒューマンサポートアカデミー プロカウンセラーコース修了。
※公益財団法人 山崎香辛料復興財団 スパイス&ハーブ検定3級