COLUMN

ファッション、美容、ダイエット情報など、女性のライフスタイルを豊かにするヒントを、最新の話題や情報をご紹介していきます。

COLUMN

ファッション、美容、ダイエット情報など、女性のライフスタイルを豊かにするヒントを、最新の話題や情報をご紹介していきます。

  • 正しい加湿方法で冬の乾燥対策!間違った加湿はカビの原因にも?

    正しい加湿方法で冬の乾燥対策!間違った加湿はカビの原因にも?

    冬は正しい加湿方法が必須!その理由は?

    冬は正しい加湿方法が必須!その理由は?

    冬の肌の乾燥や風邪などの対策に有効とされる「加湿」。
    空気が乾燥する冬は、加湿をした方が良いという話をよく聞くと思います。

    この季節には、加湿器も重宝しますよね。ですが、間違った方法で加湿してしまうと、かえって健康に悪い影響があることはご存じでしたか?

    冬場は空気の乾燥だけでなく、暖房で部屋の中は湿度が極端に下がってしまいがちです。
    理想的な湿度に加湿することは、喉や鼻の粘膜を守って風邪を予防し、目や肌の乾燥の予防にもつながります。

    ただ、一方で誤った加湿方法はカビやダニの発生につながってしまうことがあるので注意が必要です。
    近年、このリスクは「加湿器病」とも呼ばれ、注目されてきています。
    加湿器内にたまったカビを吸い込むことで咳などの症状を起こしたり、ひどくなると肺炎につながってしまうことも。

    せっかくなら正しい方法で効果的に部屋の中を加湿したいものですよね。
    正しい加湿方法とはどのようなものか、詳しく見ていきましょう。

    正しい加湿方法は3つのコツで万全!

    正しい加湿方法は3つのコツで万全!

    加湿器はスイッチを入れれば、それで加湿OK!と思っていませんか?
    正しく加湿するには、使い方のコツがあるのです。
    確認していきましょう。

    【理想的な部屋の湿度は?】
    人が過ごすのに、理想的な部屋の湿度は40~60%と言われています。
    インフルエンザウイルスが心配なときは、もう少し高く、50~60%くらいがおすすめです。

    ただ一方で、加湿のし過ぎもカビにつながるので注意しましょう。
    湿度が60%を超えるとダニが活発に活動しやすくなると言われています。

    【正しく加湿器を使う3つのコツ】
    1.加湿器を置く場所
    部屋のすみに置いてしまいがちですが、おすすめは部屋の真ん中。
    壁や窓に蒸気が当たると結露してしまい、カビの原因となることがあるからです。
    また、高さは床から30センチ以上がおすすめ。
    蒸気は下にたまりがちなので、部屋を効果的に加湿してくれないからです。

    2.中に入れる水
    塩素で消毒された水道水が最適です。
    浄水器の水などの方が雑菌が増えやすいので気をつけましょう。
    タンクの水は毎日交換するのがおすすめです。

    3.こまめなお手入れ
    カビ予防には、こまめなお手入れが効果抜群です。
    フィルターを乾燥させたり、汚れをためずに清潔な状態を保ちましょう。
    お手入れにはクエン酸がおすすめです。

    カビのリスクの少ない加湿器はどう選ぶ?

    カビのリスクの少ない加湿器はどう選ぶ?

    加湿器にはさまざまなタイプがありますが、実は種類によってはカビのリスクが高まってしまうものもあります。
    できれば、抗菌・防カビ加工がある製品だと一層安心です。

    【加湿器の種類】
    加湿器は加湿の方法によって種類が分かれています。
    1.加熱式
    スチーム式とも呼ばれ、熱を加えて水を水蒸気にすることで加湿します。
    ヤカンでお湯を沸かすと蒸気が噴き出すのと同じ原理です。

    2.超音波式
    超音波で水を振動させてミストにして、部屋の中に放出することで加湿します。
    霧吹きで水分を与えるようなイメージです。

    3.気化式
    加湿用のフィルターを濡らしてそこにファンで起こした風を当て、水分を蒸発させて加湿します。
    紙のフィルターに水をしみこませるエコなタイプもあります。

    4.ハイブリッド式
    2つの方法を1つにしたタイプで「加熱式+気化式」と「加熱式+超音波式」の2種類があります。

    【カビが発生しにくいタイプは?】
    1の加熱式タイプです。
    水を高温にして水蒸気にするので、水の中や本体内部にいる雑菌は熱処理をされている状態になり、カビが発生しにくいのです。

    【カビが発生しやすいタイプは?】
    2~4は、どれも雑菌がたまるとカビにつながってしまうことがあります。
    特に2の超音波式は、中の水が汚れていると、雑菌だらけの水をミストにして部屋中にまくことになってしまうので注意が必要です。

    加湿器以外の加湿方法もおすすめ

    加湿器以外の加湿方法もおすすめ

    加湿器を使う以外にも部屋の空気をうるおす方法があります。

    【加湿器以外の加湿方法】
    ・観葉植物を置く
    ・ストーブの上にヤカンを置く
    ・洗濯物を部屋干しにする
    ・水を張った口が広めの容器を置く

    そのほかにも、濡らしてよく絞ったタオルをハンガーにかけておくなどの方法も効果的です。

    加湿に美容の効果もプラスしたいときは?

    加湿に美容の効果もプラスしたいときは?

    空気の乾燥する冬は、美容の面からも対策が必要な季節です。
    せっかく加湿するなら、美容にもいい効果を…そんなときには、「アロマ」や「スチーム」がおすすめですよ。

    【加湿器にアロマの効果をプラス】
    加湿器の中に入れる水にアロマの精油を足して、アロマの香りを楽しむ方法です。
    好きな香りでリラックスして、美容に良いホルモンの分泌を助けることができるかも。
    しかし、製品によっては、アロマオイルが入れられない加湿器もあるので、確認してみてくださいね。

    【スチーム美容の効果をプラス】
    美容に特化した顔専用の加湿器もあります。
    寝ている間にスチームをあてることでエステいらずのしっとり肌を実現してくれますよ。
    ちなみに、一般の加湿器を顔に当てるのはかえって肌の乾燥につながるのでNGです。
    ご注意くださいね。

    正しい加湿方法で冬を快適に過ごそう!

    正しい加湿方法で冬を快適に過ごそう!

    正しい加湿方法で、部屋の中を快適な湿度に保てば、風邪やインフルエンザも怖くないかも!
    加えて、髪や肌の乾燥対策にもなったら嬉しいですね。

    私たちも、乾燥対策の商品を扱っています

    スキンケア

    ヘアケア

    乾燥に対しても、予防はいざというときの肌トラブルを防ぐ、大きな一歩になります。
    冬の寒さと乾燥も、上手に乗り切ってくださいね!

    一覧へ戻る →

PAGE
TOP