COLUMN

ファッション、美容、ダイエット情報など、女性のライフスタイルを豊かにするヒントを、最新の話題や情報をご紹介していきます。

COLUMN

ファッション、美容、ダイエット情報など、女性のライフスタイルを豊かにするヒントを、最新の話題や情報をご紹介していきます。

  • 美容液にはどんな効果がある?正しい使い方で美肌になろう!

    美容液にはどんな効果がある?正しい使い方で美肌になろう!

    美容液を正しく選んで美肌になろう

    美容液にはどんな効果がある?正しい使い方で美肌になろう!

    みなさんは美容液を日々何のために使用するのかご存じでしょうか? 「肌がきれいになりそうだから」「みんなが使っているからなんとなく」という漠然とした理由でつけている人は要注意かもしれません・・・ 美容液は、あなたの抱えている肌の悩みに応じて選んだほうが、さらに良い美容効果がきっと実感できます。

    そこで今回のコラムでは、美容液の選び方や効果などについてご紹介したいと思いますので、今まで美容液をなんとなく使っていたという方は、ぜひ参考になさってみてください。

    『美容液はあなたの肌のお悩みに合わせて選びましょう』

    美容液は、種類によって得られる効果が違ってきますので、自分の肌状態を把握し、 必要な成分をより多く含んだ美容液を選ぶことが大切です。 気になる悩みの改善効果が期待できる美容成分をご紹介していきますので、美容液選びの参考になさってみてください。

    ●肌のくすみを改善したい

    シミやそばかすなどの無い綺麗な白い肌は女性の憧れですよね。 肌がくすんでしまう原因の1つに、メラニンが肌内部に過剰分泌されることが挙げられます。紫外線トラブルにはたらきかける「エナジーシグナルAMP」や、日焼けによるシミやそばかすを予防する効果が期待できる「ビタミンC誘導体」などが多く含まれている美容液を選んでみましょう。

    ●乾燥を防ぎたい

    肌の乾燥は化粧水や乳液などでケアできると思われがちですが、そこに美容液をプラスすることで、肌の表面はもちろん内部*¹までしっかり潤すことができます。 肌の乾燥は肌荒れだけではなく、シワが出来てしまう原因にもなりますので、肌の乾燥が気になる方は、保湿力の高い「コラーゲン」や「グリセリン」などが多く含まれている美容液を選んでみましょう。「プロテオグリカン」も保湿に特化した注目の成分です。

    ●肌にハリを与えたい

    歳を重ねてくると気になってくるのが肌のたるみやハリの衰えです。肌がたるんでしまうと、化粧が上手く乗りませんし、他人に老けた印象を与えてしまいます。

    そこで、肌へ年齢に応じたハリを与えたい方は、肌の引き締め効果が期待できる「マニオカチューバ―エキス」*²や、肌をふっくらさせる効果が期待できる「セラミド」などが多く含まれている美容液を選んでみましょう。

    いかがですか? このように、美容液は種類によって多く含まれている美容成分が様々だということがわかっていただけると思います。美容液を選ぶ際は、「口コミがいいから」「よく売れているから」といった情報ばかりに頼るのではなく、成分をよく見て、自分の肌悩みを改善することができるものを選ぶようにすることをおススメします。

    美容液は化粧水の前と後どっちに付けるといいの?

    美容液にはどんな効果がある?正しい使い方で美肌になろう!

    美容液を使用する際、一般的には化粧水の後に美容液を使用すると良いと言われていますが、美容液の種類によっては使用する順番が前後するものもあります。 そのため、美容液の種類によっては使用するタイミングを変えないといけません。 そこで、この項目では美容液の種類ごとに、どのタイミングで使用したら良いのかをご紹介したいと思います。

    ●保湿効果を主とした美容液を使用する場合

    肌の水分を逃さないようにする美容液を使用する時は、化粧水の後に使用しましょう。 化粧水で肌に水分を取り入れた後、保湿効果の高い美容液を使用することで、 化粧水の水分はもちろん美容液に含まれた成分もしっかり肌内部に留めることができます。

    ●高濃度美容液を使用する場合

    美容液の種類によっては、プラセンタやローヤルゼリーエキスが高濃度で配合されているものがあります。この種類の美容液は、洗顔後のまっさらな肌に使用することで、美容成分が肌内部*¹までしっかり届くようになっています。美容効果の高い美容液は、化粧水の後に使用してしまうと化粧水でつけた水分が美容成分の浸透を妨げてしまうので要注意です。 美容液の使い方は商品の使用欄に詳しく書いてありますので、こちらのコラムを参考にしていただきながら、使用される前にはきちんと説明欄をよく確認しましょう。効果を高めるには使用のタイミングは大切になります。

    美容液は複数の種類を一緒に使ってもいいの?

    美容液にはどんな効果がある?正しい使い方で美肌になろう!

    「美容液は肌悩みに合わせて選びましょう」とお話してきましたが、みなさんの肌が抱えるトラブルは1つと限りませんよね。

    では、肌トラブルが複数ある方は複数の美容液を一緒に使用しても良いのでしょうか?

    美容液は、たくさん付けた方がより肌を綺麗にしてくれるイメージがあるかと思いますが、美容液はたくさん重ね付けしてしまうと浸透力が劣ってしまい、ベタ付きも増えてしまうので、逆に肌トラブルが起きやすい原因となる可能性もあります。なので、美容液は1種類を集中的に使用することが好まれます。

    でも、せっかく美容液を使用するのであれば複数の肌トラブルを一気にケアしたいですよね。 そこで!そんな悩みを持つ方におすすめしたいのが、トゥール・ザン・レールの「セラム ドゥ オールロイヤル」です。

    この「セラム ドゥ オールロイヤル」は、1本で「肌を柔らかくする(還元水素水*³)」、「キメを整える(マニオカチューバーエキス*²、AAコンプレックス*⁴)」、「肌をふっくらさせる(CPコンプレックス*⁵、RJエキス*⁶)」と3つの効果を得ることができます。

    「セラム ドゥ オールロイヤル」はベタつきがほぼなく、すっと肌に馴染んでくれるので、いつ使用しても使い心地が良い美容液になっています。洗顔後のまっさらな肌に使っていただき化粧水は美容液の後に使用いただくタイプです。

    今回ご紹介してきたように、美容液には様々な種類があります。 自分の肌状態に合わせて一番適切なものを選んでいただき、より美しい肌を目指しましょう。→購入ページはこちら

    *¹ 角質層まで *² 加水分解キャッサバ塊茎エキス *³ 水 *⁴ アスパラギン酸Na、トレオニン、アルギニン、アラニン、アラントイン、リシンHCI、プロリン、チロシン、セリン、タウリン、グリシン、フェニルアラニン、イソロイシン、ロイシン、バリン、グアニル酸2Na、イノシン酸2Na、ヒスチジンHCI、グルタミン酸 *⁵ セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシン *⁶ ローヤルゼリーエキス

    一覧へ戻る →

PAGE
TOP