COLUMN

ファッション、美容、ダイエット情報など、女性のライフスタイルを豊かにするヒントを、最新の話題や情報をご紹介していきます。

COLUMN

ファッション、美容、ダイエット情報など、女性のライフスタイルを豊かにするヒントを、最新の話題や情報をご紹介していきます。

  • 薬膳の温かいデザートで 寒い冬を乗り切り、風邪に負けない体づくり!

    薬膳の温かいデザートで寒い冬を乗り切り、風邪に負けない体づくり!

    2015年。新しい一年が始まりました。
    ピンと張りつめた空気に、新しい年明けを感じて、背筋がスッと伸びるような感覚になるこの季節、みなさんはどんなお正月を迎えたでしょうか?

    私は一年の疲れがどっと訪れたせいか、なんと流行にのってインフルエンザになってしまい、クリスマスから年末まで外出禁止。予防接種をしていたので、大事には至りませんでしたが、疲れて免疫力が低下していたようです。

    この冬は寒いこともあってか、私の周りでもバタバタと体調を崩している人が多いので、電車の中や人の集まるところではマスクをするなど、予防対策も忘れないようにした方がよさそうです。首と背中はくれぐれも温めて。

    さて空気が乾燥して寒さが募る今の時期、中国の人たちは風邪をひいたりしないように、身体を温める飲み物や食べ物を積極的に摂るそうです。ゴマや柿、ぎんなんなど、さりげなく身体によい薬膳食材を使ってつくるのがポイント。

    今回は、そんな考え方にのっとって、口当たりも身体にも優しい薬膳の温かいデザートをご紹介します。

    薬膳の温かいデザートで寒い冬を乗り切り、風邪に負けない体づくり!

    喉に良く血液をサラサラにしてくれる「白きくらげ」、エデンの園の果実と呼ばれ免疫力を高める「デーツ」、不老長寿の媚薬、アンチエイジングの「クコの実」、咳をしずめる銀杏などを使います。

    煮物などで使う甘みは、氷砂糖で上品かつ控えめに。さっぱりとした口当たりとデーツのコクや甘み、きくらげのコリコリとした食感に、パンダンリーフの南国を思わせる香りと、身体によいチャイニーズスイーツを五感で楽しみつつ、風邪の予防をいたしましょう

    <Hot Chem Ting (Chinese Sweets)>

    薬膳の温かいデザートで寒い冬を乗り切り、風邪に負けない体づくり!

    <材料>
    デーツ……………………10~15g
    ロンガン…………………50g
    ぎんなん…………………100g
    きくらげ …………………50g
    パンダンリーフ…………2,3枚
    クコの実…………………適量
    氷砂糖……………………100g

    <作り方>
    1. ぎんなんの皮をむく(石臼でつぶして薄皮をむき、半分に切り、種があれば出す)
    2. 水にパンダンリーフの葉を入れて煮立て、デーツ、ロンガン、銀杏を入れ、弱火で煮る
    3. きくらげを水に入れて戻す
    4. 氷砂糖を入れて状態を見ながら45~60分ほど煮る
    5. 最後にきくらげを入れ10分ほどで火をとめる

    ※ はじめ強火で状態を見て弱火にする

    Posted by Aya Sakaguchi (Food Writer & styling/Asian therapist) 

    Aya Sakaguchi (Food Writer & styling/Asian therapist) 
    紙からWebまで幅広く、食をメインに取材・執筆、料理制作ならびにコーディネート等を行なう。一方ではアジアのスパイス使いに魅せられ、そのスタイルを日常生活に取り入れた「Asian Therapy」を構築中。「心をNudeに、身体をNaturalに」をモットーに、Spiceを駆使した料理やボディトリートメントで心身の健康を追求するアジアンスタイルを展開。「バリ島ウブドキャンドルナイト」等イベントではバリニーズマッサージで参画。不定期でスパイスを使ったワークショップも開催している。【Santai Treat】主宰。

    ※Indonesian Massage: Indonesian / Balinese / Cream Bath
    ※アイディアヒューマンサポートアカデミー プロカウンセラーコース修了。
    ※公益財団法人 山崎香辛料復興財団 スパイス&ハーブ検定2級

    一覧へ戻る →

PAGE
TOP