HOME >>  Beautyコラム > ☆カカオマジック☆ 魅惑のカカオ ~チョコレートの美力~

☆カカオマジック☆ 魅惑のカカオ 
~チョコレートの美力~

Gracious Club読者のみなさま、こんにちは。Akiminこと清水秋美です。

先週のバレンタインデー、いかがでしたか?
チョコレートと共に素敵な一日を過ごされましたでしょうか。
「年に一度のイベントが終わってしまったから、チョコレートは暫くお休みだわ」なんておっしゃらないでくださいね。
愛すべきチョコレートを日常的に味わっていただきたいと願うカカオ伝道師の私から、
第4回目の今回は『魅惑のカカオ ~チョコレートの美力~』をお届けしたいと思います。

豊かな食に恵まれたこの時代、身体に良いと言われている食べ物も沢山ありますが、
チョコレートの原材料であるカカオには、カカオポリフェノールに加え食物繊維やミネラルが豊富に含まれていて
抗酸化作用による美肌効果や食物繊維による整腸作用などが期待できる、私たち女性にとって魅力的な食品です。

<カカオポリフェノール>

赤ワインや緑茶以上に強い抗酸化作用があり、老化の原因である活性酸素の除去や生活習慣病の予防が期待される。
更に免疫細胞の活性を高め、免疫調整作用でアレルギーなどの免疫機能を上げるとも言われている。

<食物繊維>

整腸作用による便秘の予防と解消効果がある。
糖質の吸収を抑え血糖値の上昇をコントロールするため肥満を予防し糖尿病の改善にも期待される。


と、ここまでは第1回目のコラムのおさらい、プラス、ブレイクダウンを兼ねているのですが・・・実はそれだけではありません。

カカオは身体だけでなく“心”にも良いのです。

・・・どういうこと?とお思いですか?
よく、チョコレートを食べると幸せな気分になったりホッとするなどと言われますよね
感覚的な表現ですが、これらは科学的に証明されています。

カカオに含まれるテオブロミンは脳の働きを活性化させ、神経伝達物質であるセロトニンの分泌を促してくれます。
加えてフェニルエチルアミンやギャバなどの物質の作用によって私たちの気持ちをリラックスさせてくれるのです


<テオブロミン>

血管を拡張させ血流量を上げるため、酸素や栄養が末端まで行き渡りエネルギーの消費量がアップすると言われている。
更に脳を活性化させるため集中力、思考力を高める。また自律神経の調整効果によるリラックス効果がある。

<セロトニン>

脳内にセロトニンの分泌が増えると興奮や不安感を鎮め、精神を安定させる作用がある。

<フェニルエチルアミン>

「恋の媚薬」「愛のホルモン」などと呼ばれる化学物質で、幸福感や陶酔感をもたらす。

<ギャバ>

天然アミノ酸の一種で「抑制性の神経伝達物質」と言われ、緊張を和らげたり興奮を鎮め、抗うつ・抗ストレス作用がある。


カカオは身体の内側も心の内側もまんべんなくケアしてくれるスーパーフードと言えそうですね。
そしてこれらの効果をより実感するためには良質なチョコレートを適量、継続的に食べることをお勧めします

次回は『ダイエットの味方 ~チョコレート、賢く摂ればコワくない~』をお届けいたします。お楽しみに!

Posted by Akimin様 


1971年生まれの42歳。
自他共に認めるチョコレートラバー。
幼い頃からチョコレートを食す中で、愛するチョコレート(カカオ)の栄養と効能をダイレクトに伝える商品を探し求めるが見つからず、ならば自分自身で作ろうと企画・製造を決意。
安定した会社員生活を手放し39歳の年にゼロから飲食業界にチャレンジ。
約12ヶ月の研究開発を経て、2011年9月1日、株式会社PduCを設立。
低カロリーで女性に優しいヘルス&ビューティをコンセプトにした自社ブランド「chocolip(チョコリップ)」を立ち上げる。
厳選した良質のベルギーチョコレートとフレッシュな豆乳を使用したチョコレートスプレッドと生チョコレートを総合プロデュース。
自らをカカオ伝道師(Pasteur du Chocolat)と称しカカオの素晴らしさを幅広く伝えるべく活動を開始。
私生活では40歳で結婚・妊娠・出産。
産後すぐに乳腺炎を患い厳しい食事制限が続いたのをきっかけに、我が子と自身の健康を真剣に見つめ直すことに。より安心・安全な食を求め育児の合間をぬって『ナチュラルフードコーディネーター』の資格を取得。現在ナチュラルフードを取り入れたセミナーなどの開催も企画中。


公式HP:www.chocolip.com